球技大会ミニバス・八幡町初優勝

 須賀川市内小中学生による真夏の球宴「第65回夏季健全育成球技大会」は28、29の両日、26チームが出場して市民スポーツ広場など4会場で熱戦を繰り広げた。台風12号の影響で時折り雨と風が強まったが予定通り競技終了し、ソフトボールは西川、ミニバスケットボールは八幡町、野球は小倉・塩田、バレーボールは下宿が優勝した。
 ソフト優勝の西川は平成26年以来4年ぶり、ミニバスの八幡町は大会事務局に記録が残る昭和56年以降初めて、野球の小倉・塩田とバレーの下宿は大会3連覇を達成した。
 夏休み期間中の子どもたちの健全育成と大会を通して参加育成会相互の親ぼくを図る目的で毎年実施している。
 今年は小学生ソフトボールに9チーム、ミニバスケットボールに7チーム、中学生の野球に4チーム、バレーボールに6チームが出場して、夏の日差しをものともしない熱戦を繰り広げた。
 会場には多くの保護者や家族、地元住民らも駆けつけ、即席の応援団を結成して選手らに懸命の声援を送っていた
 上位入賞チームと個人賞受賞者は次の通り。
◇ソフト①西川②四丁目③八幡町、下宿▽最優秀選手賞=岩崎壮佑(西川)▽優秀選手賞=牧野巧弥(四丁目)▽敢闘賞=佐々木脩人(八幡町)西片俊介(下宿)
◇ミニバス①八幡町②西川③四丁目、下宿▽最優秀選手賞=鈴木亜月(八幡町)▽優秀選手賞=安藤成美(西川)▽敢闘賞=星優奈(四丁目)吉田陽葵(下宿)
◇野球①小倉・塩田②四丁目③下宿▽最優秀選手賞=山田弘樹(小倉・塩田)▽優秀選手賞=金子晏恵(四丁目)▽敢闘賞=溝井琴和(下宿)安達翔輝(南上町)
◇バレー①下宿②四丁目アタッカーズ③南上町SSS、四丁目ブロッグズ▽最優秀選手賞=三瓶心(下宿)▽優秀選手賞=金澤歩果(四丁目アタッカーズ)▽敢闘賞=金田周(南上町SSS)加藤愛梨(四丁目ブロッグズ)