田んぼアート観覧者1万人達成

1万人目の観覧者となった武田さん一家

 鏡石町の「田んぼアート」は23日、観覧者数1万人を達成し、鏡石図書館で記念セレモニーを行った。
 1万人目の観覧者は神奈川県藤沢市在住の武田大介さん(38)、妻扶沙江さん(38)、栞さん(6)、櫂君(3)の一家。扶沙江さんが鏡石町出身で、毎年家族で観覧に訪れている。
 武田さんたちは「毎年帰省の際に必ず観に来ています。絵柄がはっきり見えて、良い時期に来たなと思います。うさぎの絵柄がかわいいですね。記念すべき1万人になれてとてもうれしい」と喜びを語った。
 全員でくす玉を割り、和田和久田んぼアート実行委員長から記念品として町特産の桃「あかつき」と特別純米酒「鏡の雫」が贈られた。
 今年の田んぼアートは「窓から眺める絵本~もうひとつの図書館~」をテーマに、70㌃の田んぼにイラストレーターの湖川友謙さんがデザインした「うさぎとかめ」を6種類のイネで表現している。