スポーツ振興協会キッズスポーツクラス

かけっこ教室を楽しむ親子

 須賀川市スポーツ振興協会のキッズスポーツクラス第1回「かけっこ教室」は22日、中央体育館で行われ、市内の親子ら72人が足を速くするための運動を実践した。
 運動の楽しさや重要性に気付くきっかけをつくり、運動能力の基礎を培い、協調性やコミュニケーション能力を育むことが目的。
 講師に市内などで活動するスポーツ教室「忍者ナイン」のインストラクターを招き、スポーツ科学に裏付けされた運動プログラムで、より速く走るための方法やトレーニングを学んだ。
 四つんばいで行う動物の歩き方や、足を使ったジャンケン、頭の瞬発力をきたえる両手・両腕を使った体操など、子どもたちは楽しみながらプログラムに取り組んだ。
 熱中症対策に水分補給の休憩をはさみながら、一人ひとりの利き足や腕の振り方なども確認し、体育館を元気いっぱいに走る子どもたちの姿が見られた。