市内小学校水泳交歓会で374人が力泳

スタートの号砲で一斉に飛び出す児童たち

 第41回須賀川市内小学校水泳交歓会は25日、市内16校の代表374人が出場して牡丹台水泳場で行われた。
 競技を通して子どもたちの親ぼくと交流を図り、技術力と体力向上を図るもので、今年は熱中症対策として開会式など競技以外の時間を大幅に短縮し、日陰に応援席を設けるなどの工夫もした。
 競技は男女個人種目が25㍍・50㍍の自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライと100㍍自由形と平泳ぎ。団体は100㍍メドレーと25×4リレー、200メートルリレーの計13種目を行った。
 開会式は選手代表の渡邉康生君(西袋一6年)が元気よく宣誓し、三瓶慧悟君、古川さくらさん、星瑠晴君、三瓶美桜さん(全員同)国旗・市旗掲揚・降納を担当した。
 会場には多くの保護者らも駆けつけ、子どもたちと一緒に懸命にゴールを目指す選手たちに声援を送っていた。