なんだこれコレクション展が幕開け

様々な資料が並ぶテーマ展

 須賀川市立博物館企画展「ふしぎなモノ博物館―なんだこれコレクション展」は24日から始まり、子どもから大人まで新たな不思議の発見に目を輝かせている。
 子どもたちの夏休みに合わせた好奇心をかき立てる企画展で、巻物に描かれた古い絵や漢字が一文字書かれた石、市民になじみのあるキャラクター、建物の模型など、縄文時代から昭和までの資料約40点が並ぶ。会期は8月19日まで。
 展示場所には解説や名称のプレートを設置せず、来館者は入館の際に受け取る紙に展示物の名称などを予想して記入し、退館時に答え合わせをする。
 昔の市民の生活や様々な文化、工夫などを思い起こさせる資料の数々は、子どもたちの夏の自由研究のテーマにも最適と、会期中の来館を呼びかけている。
 会期中の催しは、展示物の中から手に取ることが可能なものをピックアップした「なんだこれ?さわれるミュージアム」を8月7日午前9時から午後5時まで、昔の16㍉フィルムのアニメや教育映画などを上映する「金曜ミュージアムショー」を10日午後6時半から開く。
 観覧料は大人200円、大学・高校生100円、中学生以下、65歳以上、障がい者は無料。開館時間は午前9時から午後5時まで。会期中の休館日は毎週月曜日。
 問い合わせ・予約は博物館(℡75ー3239)まで。