リトルジャーナリスト、空港の裏側取材

飛行機を誘導するマーシャリングを体験する子どもたち

 中央公民館の青少年教育講座リトルジャーナリスト「ANAスタッフとめぐる福島空港バックヤードツアー」は21日、受講している小学生児童たちが同空港場内を取材、見学、体験した。
 滑走路の周りをバスで回り、空港内でANA職員の航空教室が開かれた。飛行機の周りでどんな人がどんな仕事をしているのか、同空港の歴史、運航便、機種、滑走路の長さなどを学んだ。
 モニターに映し出された飛行機に向かって両手に持ったパドルを振って停止位置に誘導するマーシャリングの仕事を体験した。
 子どもたちは普段入れない空港の裏側を見て、体験し、終始目を輝かせていた。
 同講座は新聞記者を体験するもので、今回の取材で得た情報をまとめてオリジナル新聞を作成する。完成した新聞は同館などに展示される。