消防協会須賀川支部操法大会

訓練成果を存分に発揮する団員たち

 県消防協会須賀川支部(支部長・小林勇雄鏡石町消防団長)の第55回消防操法大会は22日、選手や関係者ら約200人が参加して天栄村総合農村運動広場駐車場で行われた。ポンプ車操法は須賀川市消防団第12分団今泉班、小型ポンプ操法は天栄村消防団4分団第2班が優勝し、8月26日の県大会に出場する。
 国旗掲揚、国歌斉唱などに続いて、小林会長が「それぞれの訓練成果を遺憾なく発揮してほしい」とあいさつし、55回大会を記念して優勝旗を新調したことに改めて感謝した。
 添田勝幸村長のあいさつに続いて、大須賀裕貴指揮者(天栄村消防団2分団第5班)が選手宣誓した。
 競技はポンプ車操法、小型ポンプ操法に3チームずつ出場し、懸命に走り汗を流す姿に会場からは多くの声援と拍手が送られていた。
 各競技優勝チームメンバーは次の通り。
◇ポンプ車操法・須賀川市消防団第12分団今泉班▽指揮者=髙橋駿介▽1番員=中山雅大▽2番員=伊藤和隆▽3番員=中原利秀▽4番員=堀江和哉▽補助員=川田善貴
◇小型ポンプ操法・天栄村消防団4分団第2班▽指揮者=石井大輔▽1番員=瀬和幸司▽2番員=蕪木涼▽3番員=瀬和浩一▽補助員=服部祐幸