NAOTOさん、岡本さん名曲披露

生徒たちに音楽でエールを送るNAOTOさんと岡本さん

 須賀川市の中学生芸術鑑賞教室は19日、市内各中学校3年生と福島学園、須賀川支援学校の生徒らを対象に市文化センターで開かれ、バイオリニストのNAOTOさんとシンガーソングライターの岡本真夜さんがアコースティックライブでハーモニーを響かせた。
 引率教諭を含め886人が参加し、前半は観光牡丹大使としても活動するNAOTOさんが市の震災復興を願って作曲した「想(おもい)」や「ストリングス・シャワー」などの名曲を披露した。後半は岡本真夜さんが登場し、歌だけでなくピアノ曲も演奏した。デビュー曲「トゥモロー」ではNAOTOさんとの共演を見せ、子どもたちが一緒になって口ずさむ姿も見られた。
 NAOTOさんらは須賀川のキュウリや松明あかしに関するトークも繰り広げ、会場を盛り上げた。
 アンコールではNAOTOさんと岡本さんが再登場し、岡本さんの「君だけのストーリー」を披露し、「夢や目標をあきらめない気持ちを持ち続け、悔いのない道を歩んでほしい」というメッセージを子どもたちに伝えた。
 生徒代表の宮本麻衣子さん(須賀川三中)と大橋優聖君(岩瀬中)が感謝の花束を手渡し、名残惜しいふん囲気の中、ステージの幕が降りた。