認定こども園オリーブの木お泊まり会

キャンプファイアーを楽しむ園児たち

 認定こども園オリーブの木(太田春夫園長)のお泊まり会は19日、同園で5歳児62人が参加し、家を離れ園で夜を過ごした。
 友だちや保育者といろいろな活動を楽しみ、園に泊まる大きな自信と自立心が芽生え、一緒に生活する楽しさを味わい、良い思い出にすることが目的。
 礼拝のあと、ムシテックワールドでサイエンスショーを見学、クラスごとにひばり温泉で入浴した。
 夕食の後、待ちに待った園庭で行われたキャンプファイアー。太田園長が園児代表の3人に「助け合う火」「伸び行く火」「知恵の火」を点火し、キャンプファイアーを囲んで、太田園長の話と礼拝、全員で「おばけなんてないさ」「南の島のハメハメハ大王」などを大声で歌った。
 このあと、きもだめしなども行われ、友だちと泊まるという体験を通して、大きく成長し良い思い出づくりとなった。