8月4日「伝右衛門はちみつフェス」

8月4日のはちみつフェス内容などを確認

 須賀川産100%はちみつと須賀川市・天栄村の魅力をあますことなく紹介する「伝右衛門はちみつフェスタ&須賀川・天栄村広域物産展」は、8月4日午前9時から市産業会館で開かれる。商品購入1000円以上(先着200人限定)ではちみつ50㌘をプレゼントする。
 須賀川商工会議所、須賀川市・天栄村観光協会、JA夢みなみなど2市村の7団体で構成する須賀川・天栄村観光推進連絡会(会長・渡邉達雄商工会議所会頭)主催。
 須賀川市と天栄村の物産販売、伝右衛門はちみつ販売会、ムシテック出前講座「蜜ろう教室」、はちみつ当てクイズ、藤居ジュンコ&夢来鳥(むくどり)コンサート、はちみつ入りカレーライス無料試食、須賀川と天栄村のマスコットキャラ・ボータンとふたまたギツネの撮影会を実施する。
 当日は午前9時からオープニングセレモニーで渡邉会頭らがあいさつし、本間保須賀川ミツバチプロジェクト委員会長がみつばち宣言(開会宣言)を行う。
 午前9時半から広域物産展とはちみつ販売を須賀川物産展(産業会館内)とはたけんぼでスタートし、牡丹コロッケや伝右衛門はちみつサイダー、2市村の特産品などを販売する。観光の魅力なども情報発信する。
 午前10時からムシテックワールド出前講座、午前11時10分からはちみつ当てクイズ、正午からはちみつ入りカレーライス試食、午後1時から藤居ジュンコさんらのコンサートを予定している。
 はちみつフェスなどの内容を協議した須賀川・天栄村観光推進連絡会第2回委員会は18日、関係者らが出席して市産業会館で開かれた。
 イベント概要のほか、江戸川区食文化の祭典・観光キャラバン参加、広域観光モニターツアーの実施を確認した。
 江戸川区食文化の祭典は11月7、8日に、須賀川・天栄村の特産品販売ブースを設ける。また中央区や農林水産省、空港やふるさと創生倶楽部関係企業を訪問して誘客を図る。
 広域観光モニターツアーは10月20、21日。城南信金の顧客を対象に、須賀川市・天栄村の観光の魅力を発信し、将来的な通年観光モデルコースづくりを目指す。
 伝右衛門はちみつは、須賀川ふるさと創生倶楽部が震災復興と原発事故からの再起を全国に発信しようと、須賀川産100%のオリジナル商品として4年前から販売し、さわやかな甘味と食感が人気を集めてきた。金山町産炭酸水と組み合わせたサイダーなど関連商品も好評を得ている。