今もかがやき

No.31

いまいずみ あきよし今泉顕喜さん(70)

須賀川昔話の会副会長 鏡石町さかい


鏡石の歴史語り継ぐ

おだやかな語りが人気

 50代まで結婚式場に営業兼司会として勤め、 この経験を活かしたいと長年考えていた。 平成14年の本紙記事で“語りと方言の会”の勉強会を知り、 参加して昔話と語り部として経験を重ねた。
 平成17年に安田きよ子会長らとともに須賀川昔話の会を立ち上げ、 児童館やデイケアサービスなどの施設訪問や須賀川市芭蕉記念館で奇数月の第3土曜日に催す芭蕉すかがわ民話館を今も続けている。
 今泉さんの語る昔話は地元になじみ深いものばかりで、 おだやかな語り口は幅広い年代から人気が高い。
 昔話の会メンバーと一緒に地元の昔話を集めたカルタは今も子どもたちから大好評だ。
 これからは、 鏡石町の歴史や云われ、 伝承などを 「伝える」 活動に力を入れていく考えだ。 今も時間を見つけては鏡石町史を広げる。 各地域に遺された貴重な財産を後世に語り継ぐ橋渡しの役割を果たしていきたい。
 ほかにも、 川柳やマレットゴルフ、 畑いじりなど趣味は多彩。 月刊誌 「すかっと」 でも地元の昔話を紹介している。