文化創造伝承館ワークショップ参加募集

 須賀川の地域文化と伝統を後世に伝える(仮称)文化創造伝承館建設に向けた第1回ワークショップ「須賀川の文化を学ぶ場所を創造しよう!」は31日、市役所3階の光の会議室で開かれる。定員30人で26日まで参加募集している。
 (仮称)文化創造伝承館は南部地区都市再生整備事業の拠点として、現在の芭蕉記念館の機能を継承しつつ、須賀川が誇る俳諧文化をはじめとした、かるた、茶道、華道、和歌など多種多様な地域文化・伝統を後世に伝えるため建設する。
 須賀川独自の和のふん囲気を大事にし、文化を通した地域との結び付きや郷土の偉人を深く知り、魅力や情報を発信しながら地域活性化を目指す建物を完成させる。
 施設建設地は江戸時代の白河藩校敷教第二舎として開設されていた、本町地内の郷学所跡地(芭蕉記念館向かい)の用地取得等協議が整ったため同所に決定している。
 昨年は計3回のワークショップを実施し、高校生以上の市民らが参加して実際のまち歩きや体験講座などを通して、より市民らに親しみやすい伝承館のあり方などについて意見交換した。
 今年度の第1回ワークショップでは昨年までの活動を振り返りながら、より多くの人が利用できる施設のあり方を一緒に考える。
 なお第2回は8月23日、第3回と4回は今年秋の開催を予定している。第1回と合わせて参加できる人を大歓迎する。
 須賀川市主催。参加申し込み用チラシに必要事項を明記し、こぷろ須賀川(℡94―6590)まで。