田んぼアートの見頃は来週後半

童話・童謡シリーズ「うさぎとかめ」の図柄を6色8種類の稲で描いた鏡石町の観光スポット「田んぼアート」の見頃は、来週後半の20日頃に迎える見込みである。
一般観覧開始の先月22日から10日現在で5358人が訪れている。今年は観覧開始が例年より遅かったが、最高観覧数3万591人を記録した昨年同様に町内外から多くの人から注目を集めている。
今年は昨年同様、70㌃の田んぼにイラストレーターの湖川友謙さんがデザインした「うさぎとかめ」を表現している。油断して寝ているウサギと一生懸命ゴールを目指して追い抜こうとするカメが描かれ、ウサギの陰影をグラデーションの技法でより立体的なアートに仕上がっている。
町図書館4階に無料の一般観覧室が設けられており、町民らが田植えや稲刈りをしている姿やドローンで空撮した写真などが展示されている。午前9時から午後6時半まで開放、月曜日は休館。