釈迦堂川花火大会、中宿公園席はほぼ完売

8月25日の第40回須賀川市釈迦堂川花火大会の有料観覧席販売が好評で、中宿公園丸テーブル席はほぼ完売、イオンタウン北側駐車場席も昨年以上の売り上げとなっている。
ケーズデンキ南側の中宿公園丸テーブル席は、市役所観光交流課販売分が完売し、プレイガイドもローソン販売分など残りわずかとなった。
イオンタウン北側駐車場席は目の前に市民スポーツ広場の打ち上げ場所が広がり、絶好のロケーションが昨年も大好評を得た。4人指定テーブル席で前売り1万1000円(当日1万2000円)。
定員1人の東部環状線自由イス席(前売り2000円、当日2200円)も販売している。
チケットは市役所2階観光交流課や各プレイガイドで購入できる。観光交流課電話予約申し込み(88―9144)も受け付けている。
須賀川市釈迦堂川花火大会は須賀川の夏の風物詩としてだけでなく、福島県を代表する花火大会の一つとして県内外から認知される。
今年の第40回記念大会は、4章構成90分で約1万発を打ち上げる。音楽と花火を組み合わせた音楽創作花火、ナイヤガラ、尺玉40連発、5年ぶりに復活する2尺玉記念花火、市内外の女流花火師競演などを企画している。
花火大会に合わせて、今年も午後6時から市文化センターそば釈迦堂川ふれあいロードで灯籠流し、同45分からメモリアル花火打ち上げも行う。