市図書館、7月から長期休館に

図書館前ステーションとして活躍する移動図書館車

 須賀川市図書館は来年1月11日オープン予定の「市民交流センターtette(てって)」への移転作業のため、7月1日から来年1月10日まで長期休館となる。代替えサービスとして移動図書館「うつみね号」積載本貸し出し(図書館前ステーション)を7日から同館駐車場で定期的に開設する。
 7月中の図書館前ステーション開設は7、10、15、17、21、24、26、29、31日。8月上旬は2、4、7、9、12日の午前10時から午後4時まで、同車積載の本や雑誌約2000冊を貸し出す。 
 毎月定期的に開いている赤ちゃん向けのおはなし会は12月まで継続して中央公民館を会場に開く。当日分の新聞と最新号の雑誌は、公民館ロビーに閲覧コーナーを設ける。
 市民交流センターのオープンと同時に新図書館の利用が可能となる。図書館機能は主に建物西側の2~4階に配置し、それぞれ吹き抜けを介してつなげ、階ごとに児童図書専用、自動貸し出し・返却機設置階、調べものに集中できるフロアなどに分けられさらに利便性が増す。
 問い合わせは市図書館(℡75―3309)まで。