小中学校などに選挙川柳投句箱を設置

投句箱を設置し選挙川柳の投句を呼び掛け

 須賀川市選管(室井宏委員長)は明るい選挙啓発に向けて「第2回すかがわ選挙川柳」作品を募集している。市マスコットキャラクターボータンを描いた専用の投句箱は市役所のほか市内全小中学校や公民館に設置した。
 市選管と市明るい選挙推進協議会は選挙啓発活動の一環として選挙川柳を募集する。
 小中学生と一般の3部門で作品を募集し、最優秀賞はじめ各賞を決定する。
 応募作品は各部門1人5句までで本人・未発表作品に限る。
 応募作品とペンネーム(または氏名)は公共施設での展示や市ホームページなどで紹介するほか、選挙啓発グッズなどで利用する。
 昨年の第1回選挙川柳は一般と小中学生合わせて1784人から2083点の応募があり、小学校、中学校、一般の3部門で入賞15作品が選ばれた。入賞作品は専用クリアファイルにプリントされ市内小中学校などにプレゼントされた。