ほふく救出競技優勝、全国大会へ

 第41回県消防救助技術大会は27日、福島市の県消防学校で行われ、ほふく救出競技で須賀川地方広域消防本部が優勝するなど活躍した。
 県内12消防本部から約170人が出場し、須賀川地方広域消防本部からは5種目に代表15選手が出場した。
 優勝したほふく救出チームは8月24日に京都市で行われる全国大会に、3位のロープブリッジ救出チームは7月25日に新潟市で行われる東北大会に進出する。
 上位入賞は次の通り。
◇団体▽ロープ応用登はん③篠木歩睦(石川)・石幡遼(玉川)組▽ほふく救出①和泉忍(長沼)・久保木勇貴(鏡石)・佐藤拓也(須賀川)組▽ロープブリッジ救出③佐藤巧真(須賀川)・藤田理一(浅川)・栁沼翔太(平田)・箭内佑哉(長沼)組
◇個人▽ロープブリッジ渡過②小林友樹(古殿)