須賀川高の吹奏楽部・合唱部演奏会

合唱、吹奏楽の両部が競演するステージ

 須賀川高(遠藤均校長)の第46回吹奏楽部・第5回合唱部定期演奏会は17日、市文化センターで開かれ、音楽部員ら約40人が練習を重ねた昭和と平成の名曲を披露した。
 1部は吹奏楽クラシックで「リバーダンス」「アルメニアンダンス・パートⅠ」など、2部は合唱部がコンクール課題曲の「ポジティブ太郎」やJ―ポップ「SUN」など、3部は吹奏楽ポップスで「銀河鉄道999」「ピンクレディー・メドレー」「がむしゃら行進曲」など最近の流行歌から往年の名曲まで若々しい演奏で会場を盛り上げた。
 また「校歌」や「オーバー・ザ・レインボー」では合唱部と吹奏楽部合同が息の合ったメロディーを奏でた。
 一生懸命練習の成果を披露する生徒たちの姿に、集まった観客たちは温かい拍手を送っていた。