ハンサム・ウーマン

No.48

やなとり さと梁取里さん(35)

メゾソプラノ歌手 須賀川市雨田出身


歌は最高のパートナー

今春東京芸大博士修了

 3年半のドイツとウィーン留学を経て、 この春に東京芸大大学院博士課程を修了した。 現在は千葉県松戸市を拠点に活動しているが、 「将来は地元でもリサイタルを開き、 多くの人に生の音楽芸術にふれるきっかけをつくりたいですね」 と話す。
 教員を目指して進学した鶴文化大在学中に音楽熱に取りつかれ、 卒業と同時に東京芸大に再入学し大学院に進み博士号まで修めた。
 在学中に国際RC奨学金で留学し、 クラシックを愛する土壌と本場の音楽の魅力にふれ、 さらに深く歌の世界に親しんでいった。
  「歌は私を表現できる最高のパートナー。 さらに学ぶため大学教員の道も探しています」。 現在は個人や合唱団の指導、 都内を中心に演奏活動を展開し、 今年12月には茨城と横浜で第9のステージに立つ。 現・歌のお姉さん (小野あつこさん) もレッスンし、 活躍をうれしく見守る。
 来年は横浜出身のピアニストと女性の一生をテーマにした歌曲リサイタルを開いてみたい。 「地元でも開催できれば最高です」。