24日に須賀川市消防団消防操法大会

 須賀川市消防団(善方明夫団長)の第57回市消防操法大会は、24日午前8時から市民スポーツ会館駐車場で実施する。ポンプ車操法の部に5チーム、小型ポンプ操法の部に11チームが出場し、日頃の訓練成果を競う。
 消防操法基準の趣旨徹底を図るとともに、団員の訓練基礎を養い、消防技術の向上と消防活動に万全を期すため、2年に1度実施している。
 ポンプ車操法の部には第1分団第1班、第2分団第1班、第4分団西川班、第11分団長沼班、第12分団今泉班。
 小型ポンプ操法の部では第3分団和田班、第4分団吉美根班、第5分団古戸班、第6分団下江持班、第7分団舘ケ岡班、第8分団下小山田班、第9分団雨田班、第10分団木之崎連合班、第11分団小中班、第12分団守屋班、第13分団大久保班が出場する。
 大会当日は前回優勝の第6分団小倉班(ポンプ車)と第11分団長沼・滝連合班(小型ポンプ)が優勝杯を返還し、橋本克也市長と善方団長があいさつする。
 来賓の佐藤暸二市議会議長が祝辞を述べ、水野友史第8分団下小山田班指揮者が選手宣誓して競技スタートする。