中体連県中地区予選が幕開け

スパイクで得点を狙う選手

 第60回県中学校体育大会県中地区予選大会は13日から県中地域各会場で14種目の熱戦が幕を開けた。須賀川・岩瀬管内では牡丹台球場と岩瀬グリーン球場で軟式野球、牡丹台庭球場でソフトテニス、鳥見山陸上競技場でサッカー、須賀川アリーナでバドミントン、鏡石中体育館で男子バレー、須賀川一中体育館で女子バレーが行われている。
 須賀川・岩瀬地区予選を勝ち上がった各校の選手らは県大会出場を掛けた一戦一戦を気迫のプレーで臨み、応援席は勝利を願う後輩たちや保護者らの姿で熱気に満ちていた。
 雨など荒天の場合は屋外競技のみ順延され、屋内競技は予定通り行われる。