管内交流錬成大会で51人が競う

一生懸命に日頃の成果を発揮する選手たち

 須賀川剣道連盟(坂井芳晴会長)の管内交流錬成大会は10日、鏡石一小体育館で行われ、小中学生51人が日頃の鍛錬の成果を競い合った。
 着装、礼法、気勢、打突動作などで判定する新人の部と、3本勝負の小・中学生学年別の団体戦及び個人戦を行った。選手たちは試合の中で自らの反省点を見出し、新たな目標を定めていた。
 成績は次の通り。
▽新人の部①今井悠雅(須連少)②鴫原倫太郎(同)③味戸莉歌(同)、吉松龍之介(鏡武館)▽小学生低学年の部①城坂駿太(大東)②関澪(鏡武館)③梅原大武(同)▽同5・6年の部①五十嵐広洋(須連少)②高橋佑菜(同)③関颯(鏡武館)山田ゆうな(須連少)▽中学男子の部①橋本翔太(同)②福田士竜(大東)③神尾祐春(同)佐藤誠馬(須連少)▽同女子の部①猪越あき(同)②飯塚なな(同)③金子采加(鏡武館)▽小学生団体①須連少A②鏡武館A③鏡武館B▽同中学生①須連少②大東③鏡武館