俳句ポスト年間特選句表彰式

俳句ポスト年間入賞に選ばれた受賞者たち

 須賀川市俳句ポスト表彰式は9日、芭蕉記念館で開かれ、年間特選句子どもの部ぼたん賞に選ばれた小山恵実さん(須賀川二中1年)らが表彰された。
 俳句のまち須賀川を全国に発信し、俳句文化を継承発展させるため、市内景勝地23カ所と小中学校に俳句ポストを設置して投句を呼びかけている。
 今年度は市内外から3921人(一般281人、子ども3640人)から9764句(一般3595句、子ども6169句)が寄せられ、選者は森川光郎桔槹吟社代表、同人の髙久田稔さん、江藤文子さん、金子秀子さん、山暦会員の阪路卓美さんが務めた。
 年間特選一般の部牡丹賞には伊東幸子さん(横浜市)、ぼたん賞に小山さんが選ばれ、赤松賞には髙橋富子さん(須賀川市)、あかまつ賞に川﨑佑奈さん(長沼東小4年)、かわせみ賞に柳沼遼君(白江小5年)が選ばれ、今回から設けられた等躬賞(年間優秀校)は柏城小学校(熊田順一郎校長)が受賞した。
 一般の部受賞者には直筆の句を石に彫り込んだ石板、子どもの部はメダルが贈られた。
 橋本克也市長、森川代表があいさつし、受賞者を代表して小山さんが「今回の受賞で俳句に自信がもてました」と謝辞を述べた。