桐陽高生が乗車マナーアップへ呼びかけ

乗客にマナー向上を呼びかける生徒たち

 JR須賀川駅は7、8の両日、乗車マナーアップキャンペーンを行い、須賀川桐陽高の生徒らが乗客にマナー向上を呼びかけた。
 JR東日本が毎年展開するマナーアップキャンペーンの一環で、乗客に安心してより快適に駅や車内空間を利用してもらうため実施している。
 須賀川桐陽高の視聴覚委員らが6人ずつ計12人協力し、駅構内放送で「座席に荷物を置かない」「ドアを閉める際は、周囲を確認する」「リュックは網棚か前に抱える」などアナウンスした。また改札口やコミュニティプラザでポケットティッシュを配布し、マナーの向上を笑顔で呼びかけた。