芭蕉まつりで野点や俳句、ステージ発表

 須賀川市本町商店会(水落行男会長)の第14回芭蕉まつりは、10日午前10時から結の辻や馬町通りの歩行者天国を会場ににぎやかに催す。今回も本町エリアなどで第31回Rojimaを同時開催する。
 江戸時代に奥州街道の宿場町として栄えた須賀川宿の駅長を務めた相楽等躬は須賀川俳人の祖とも呼ばれ、交流のあった松尾芭蕉と曾良がおくのほそ道の途中で7泊8日当地に滞在した。
 本町商店会では町内会や桔槹吟社の協力で、俳句のまち須賀川を広くPRし伝承する目的で、芭蕉一行が須賀川宿を訪れた6月に合わせて毎年イベントを実施している。
 今年は結の辻や馬町通りのほか、相楽等躬生誕380年記念イベント「等躬と須賀川宿」開かれている須賀川市芭蕉記念館と軒の栗ギャラリーと連動して多彩なイベントを企画した。
 午前10時からオープニングセレモニーを催し、江戸時代に芭蕉も俳句に詠んだと伝わる仁井田田植踊りや南京玉すだれステージ、昔話披露、大人から子どもまで参加できるゲームコーナーなど用意する。
 毎回大人気の大ビンゴ大会は午後2時20分から結の辻でスタートする。
 各会場イベントとタイムスケジュールは次の通り。
◇結の辻▽午前10時~オープニングセレモニー、芭蕉まつりスタート▽午前10時半~仁井田田植踊り、南京玉すだれ▽午前10時半~午後3時=野点(1回100円、和菓子付き)、飲食コーナー、俳句大会▽午前11時~親子俳句教室(午前10時半受け付け、先着20人にゲームコーナー無料券)▽11時~=芭蕉くんと遊ぼう!(輪投げ、サイコロゲーム)▽正午~パカパカ競争▽午後1時~古寺山自奉楽▽午後1時半~紙飛行機飛ばし大会(景品あり)▽午後2時20分~大ビンゴ大会
◇馬町通り歩行者天国▽午前10時半~午後3時(一部有料50円)=金魚すくい、水風船すくい、射的、綿あめ、竹とんぼ、けん玉、型抜き
◇芭蕉記念館▽午前10時~午後4時=昔遊び(おはじき、お手玉、だるま落としなど)、芭蕉さんとあそぼう!(クイズを解きながら芭蕉や俳句を学ぶ)
◇軒の栗ギャラリー▽午前11時~筝(尺八との二重奏)▽正午~昔話(すかがわ昔話の会)▽午後1時半~=昔話(ふくしま四人会)