新規学卒者確保で要請

渡邉会頭たちに要請書を渡す橋本市長たち

 須賀川地域の地方自治体と須賀川公共職業安定所は新規高等学校卒業者の求人確保等に係る要請は30日、須賀川商工会館で行われ、求人申込書の受け付けが始まる6月1日を前に、早期提出などを経済団体へ求めた。
 岩瀬地方市町村長会長の橋本克也市長が「空前の売り手市場ともいわれる情勢にあるが、将来地域を担う若者の県外流出や離職率の高さも課題となっている。若者が地元に定着していけるようご協力をお願いします」とあいさつした。
 要請は「求人の拡大」「求人票の早期提出」「新規学卒者を含む新規採用社員の職場定着に向けた配慮」の3点をあげ、橋本市長、岡部光徳石川地方町村会長、杉本真一須賀川公共職業安定所長らの連名による要請書を、渡邉達雄須賀川商工会議所会頭、松崎淳一岩瀬管内商工会広域連携協議会長、笠原賢二須賀川地区経営者協会長らに手渡した。