6月から子育て支援アプリ「てくてく」

 須賀川市は母子手帳アプリ「母子モ」(ぼしも)を使い、6月15日から子育て支援アプリすかがわ「てくてく」の運用を開始する。
 アプリ名称「てくてく」は、子どもたちが健やかに未来に向かって一歩一歩成長していく姿と親子が一緒に歩む姿をイメージした。4月に開設した市子育て世代包括支援センターと同じ名前でより親しみやすくした。
 スマートフォンなどで母親や子どもの健康記録管理や子育て情報収集ができるシステムで、市が交付する母子健康手帳と併用して、妊娠・出産・育児をサポートし、家族や地域とつながる安心の子育てを支援する。
 主な機能は妊娠中の母親の健康記録や子どもの成長記録データ、予防接種スケジュールなどの管理、市の子育て情報取得、医療機関や保育所、公園などの施設検索ができる。
 市内在住の妊産婦や保護者が“母子モ”をダウンロードし、アカウントやプロフィールなどを登録して利用し、動画や写真などの記録を家族でも共有可能となる。
 問い合わせは市こども課(℡88―8114)まで。