夏季少年健全育成球技大会は7月28・29日

夏季球技大会参加を呼びかける大内会長

 須賀川市子ども会育成連絡協議会(大内康司会長)の総会は27日、育成会長ら約60人が出席して市役所で開かれ、7月28、29の両日実施する第65回市夏季少年健全育成球技大会などについて意見交換した。
 大内会長が「球技大会は幅広い年代の子どもが参加し、勝つためのチームづくりでなく、子どもと保護者が一緒に夏休みの一時期を過ごせる環境づくりに協力してほしい」とあいさつし、8月の森の冒険隊や来年1月の新春書道展など育成会活動をPRし参加を呼びかけた。
 来賓の橋本克也市長が祝辞を述べ、議事は29年度各種報告、30年度事業計画、役員改選など協議した。
 今年度は第65回夏季少年健全育成球技大会を7月28、29日に須賀川アリーナなど4会場で。第47回子ども会リーダー研修会森の冒険隊を8月18、19日に市民の森で、第58回新春書道展を1月19、20日に須賀川アリーナで実施する。
 夏季少年健全育成球技大会はミニバスケットボール、ソフトボール、バレーボール、野球の4種目で、申し込み受け付けは7月9日から17日まで市生涯学習スポーツ課で、抽選会は7月21日に行う。
 森の冒険隊は7月23日から8月6日まで生涯学習スポーツ課で受け付け、小学4年から6年生20人対象で募集する。
 新春書道展は1次審査を11月27日に中央体育館、席書大会を1月5日に須賀川アリーナ、表彰式と作品展示は来年1月オープンの市民交流センターtetteで行う。
 役員を退任した幹事の岩田悦次郎さんと監事の関根洋さんに感謝状を贈った。