27日に天栄村二岐山の山開き

 天栄村が誇る名山・二岐山は27日に山開きをする。安全祈願は橅山荘前駐車場で午前7時50分から行われる。
 奥羽山脈の南部に位置する二岐山は霊峰として知られており、日本三百名山、うつくしま百名山に選定されている。標高1544・3㍍の男岳、1504㍍の女岳に割れた山頂は村のシンボルとなっており、大男がこの山をまたいだという伝説が残る。
 山頂は一面がシャクナゲの群生地となっている。ブナとアスナロの原生林に囲まれたコースは多くの愛好者に親しまれており、シーズンになると多くのハイカーでにぎわいを見せている。
 当日は同広場で受け付けし、御鍋神社付近の登山口まで4・4㌔、男岳山頂まで2・2㌔の約2時間登山する。その後、女岳を経由して2㌔先の下山口を目指し、さらに2・5㌔離れた?山荘前まで戻る。晴れた日は山頂から飯豊連峰や磐梯山、猪苗代湖、羽鳥湖高原一帯を見渡すこともでき、帰りに温泉入浴も楽しめる一連のコースは、毎年県内外から足を運ぶハイカーも多い。
 山開きを記念し、先着500人に記念バッジ、無料温泉入浴券の配布、トン汁のサービス、無料ペア宿泊券などが当たる抽選会も催す。
 駐車場は会場に隣接する橅山荘向かいのほか、シャトルバスで送迎する二岐温泉共同駐車場、スキーリゾート天栄駐車場を利用できる。
 問い合わせは村産業課(℡82ー2117)まで。