畑田など3地区住宅除染廃棄物の搬出作業

 須賀川市は昨年10月から住宅除染実施順に市内一般住宅などに一時保管された土砂などの除染廃棄物の搬出・仮置き場集積作業を進めてきたが、市内で最初に作業した長沼地域堀込地区と岩瀬地域北横田地区で搬出作業がまもなく終わり、6月は岩瀬ニュータウン地区での集積作業が始まる。
 今年度は岩瀬地域の畑田地区、仁井田地域の舘ケ岡区と仁井田区が作業対象で、畑田と館ケ岡では住民説明会が終了した。仁井田区は6月下旬ごろの実施を予定している。
 3地区合計で約2万2000立方㍍の集積・搬出を計画し、畑田が最も早く、舘ケ岡は準備が整い次第作業に着手する。仁井田区は8月下旬ごろが見込まれる。
 学校施設は最後の3000立方㍍を搬出する。校舎新築や改築により今年度は稲田学園(小・中)と幼稚園、須賀川二中、長沼小・中など7施設で作業して、須賀川市における学校からの搬出は全て完了する。