ポイント制介護予防ボランティア

 須賀川市が今年度から新たに始めるポイント制の介護予防ボランティア制度は6月1日から登録申し込みを開始する。
 市の介護予防事業の一環で、高齢者がボランティア活動を通じて地域貢献や社会参加することで、より元気になることが目的。
 登録者は講習会を受けた後、市社会福祉協議会から情報提供を受け、可能な範囲でボランティア活動を行う。活動実績に応じて介護予防ボランティア手帳にポイントが付与され、1年間で5000円(50ポイント)まで換金できる。
 活動場所は市内の居宅サービス事業所や地域密着型サービス事業所、介護保険施設のうち受け入れを承諾し、市から指定を受けた事業所等となる。
 内容は受け入れ施設の職員の管理下で、散歩の付き添いや見守り、シーツ交換の補助、利用者の話し相手、施設行事の手伝い、レクリエーションの参加支援、環境美化などの予定。
 1時間あたり1ポイントが付与され、1日あたり2ポイントまで得ることができる。
 登録対象は65歳以上で要支援・要介護認定者、市が実施する介護予防・日常生活支援サービスの対象者を除く元気な市民で、今年度は100人を要請する見込み。
 登録に必要な講習会は7月以降に各公民館で開くことを予定している。制度の説明やボランティア活動に必要となる基本的な知識を2時間程度講話する。
 登録は2年間有効で、今回登録した場合は来年度の3月末まで活動できる。
 申し込み・問い合わせは市社会福祉協議会(℡88―8212)まで。