沖縄からヒマワリの種

ヒマワリの種と「奇跡のあじさい」を贈り合う沖縄と福島

 ヒマワリを通して福島県との交流や復興支援に取り組んでいる沖縄県の「福島・沖縄絆プロジェクト」の鈴木伸章副理事長は15日、藤沼温泉やまゆり荘を訪れ、須賀川市、会津若松市、大熊町の3団体にヒマワリの種を贈った。
 同団体は東日本大震災後に県内で育てたヒマワリから種をとり、沖縄で開花させて、その種を福島に贈り、両県で種を循環させて絆を深める取り組み。
 今回は長沼商工会や市職員、県職員らが出席し、藤沼湖自然公園を運営している「おもふるハート」と大熊町のひまわりプロジェクト、会津若松市のあいづ・ひまわりプロジェクトの3団体に約8・5㌔の種を贈った。
 鈴木副理事長は「沖縄が日本に復帰した返還記念日の15日にこのような機会を得られたのは意義深くうれしいです。福島は風評被害が消えない中でもがんばっています。ヒマワリを通じてお互いの絆を深めていきましょう」とあいさつし、おもふるハートの深谷武雄社長と深谷哲雄取締役、大熊町ひまわりプロジェクトの根本友子会長に種を手渡した。
 深谷社長は「沖縄を訪ね、福島は復興に向かっている、安心してほしいと伝えたい」と感謝し、「奇跡のあじさい」の苗を鈴木副理事長に手渡し、鈴木副理事長が作ったソーキ汁などの琉球料理や須賀川産の野菜を使用した料理も振る舞われ、親ぼくを深めた。