若だんな・若社長

No.29

ちょうどう りっしゅん張堂律俊さん(37)

妙林寺第73代住職 須賀川市加治町


子どもたちのためにできることを

今夏には5児の父親に

 852年開山の由緒あるお寺の住職になって今年で12年。 「理解ある檀家の皆さんに支えられ、 毎日のお勤めができています」。 来年1月、 近所に市民交流センターがオープンするため、 地域の子どもたちのためにできることに挑戦してみたいとも話す。
 大学卒業後に本山で約2カ月修行し、 改めて大学で仏教について学術的な学びを深め住職を継いだ。
 普段は法要や安産・七五三祈願、 悩み相談など人生の節目節目に係るお勤めを主に、 一人ひとり丁寧な対応を心がけている。
 私生活では奥さんと4人の子どもさんに囲まれ、 8月には5人目が誕生予定。 父親として育児にも参加して、 休日には一緒にRojimaなどに出かけたりもする。
 市民交流センター内の図書館や遊び場などを利用する地元の子どもたちのために、 縁日や虫封じご祈祷など昔ながらの取り組みを考えている。
 今年も8月10日には夏の風物詩でもある 「朝観音人形祭」 を開催する。