福島空港まつりにぎわう

あこがれのウルトラヒーローと握手する子どもたち

 福島空港祭実行委員会の開港25周年記念2018春の福島空港まつりは3日、特設ステージやターミナルビルなどで様々なイベントを繰り広げ、多くの家族連れでにぎわった。
 ウルトラマンジード・オーブショーはあふれかえるほどに集まった子どもたちが「がんばれ」と大声援を送る中、ウルトラヒーローが悪の怪獣を倒すバトルステージを繰り広げた。終了後、握手会を開き、長蛇の列ができていた。
 ステージでは大道芸パフォーマンスやFLYERSによる空港PR・ダンス、奥州須賀川松明太鼓保存会の開港25週年記念演奏、MANAMIさんによる音楽ライブなどが繰り広げられ、大盛り上がりした。
 天候が崩れる時間帯もあったが、多くの屋台が並ぶ青空市では焼きそばや数量限定の空港なべなどをほお張る家族連れの姿が見られた。また台湾ツアーPRや開港25周年キャンペーンなどのブースも設け空港利用の促進を呼びかけていた。
 ターミナルビル内ではウルトラマン絵付け体験やメガソーラーPRコーナー、各種パフォーマンスなども催し、来場者たちは楽しい一日を過ごしていた。