市消防団幼年消防クラブ入団式

消防車の装備などを質問する子どもたち

 須賀川市消防団(善方明夫団長)の幼年消防クラブ入団式は1日から市内の保育所、幼稚園、こども園の全14所・園で行われている。
 火災を予防し安全な地域社会をつくるため市内の保育所などに通う4・5歳児計419人を対象に結成し、幼い頃から防火に対する意識を身につけることが目的。
 このうち稲田幼稚園(稲奈貞夫園長)は1日、園児ら30人の入団式が同園で行われた。
 稲奈園長と善方団長のあいさつに続き、園児たちが「絶対に火遊びはしません。お父さん、お母さん、先生の言うことをしっかり聞きます」など誓いの言葉を元気いっぱいに披露し、代表の野崎晴之介君、髙原聖菜さんが記念品を受け取り、消防車の前で記念撮影をした。
 その後、消防車を見学し、団員から装備品などの説明を受け、子どもたちは目を輝かせながら次々と団員に質問を浴びせていた。
 今後の入団式予定は次の通り。
▽8日=ぼたん保育園▽16日=長沼幼稚園▽17日=大東こども園▽18日=うつみね保育園▽22日=第一保育所、第二保育所▽24日=白方こども園、白江こども▽25日=第三保育所▽28日=白鳩保育園▽31日=小塩江幼稚園▽6月4日=仁井田幼稚園▽7日=長沼東保育園