メーデー須賀川地区祭典

力強く協力を呼び掛ける鈴木委員長

 第89回メーデー須賀川地区祭典は28日、須賀川・岩瀬地方の約500人が集い、市民スポーツ広場駐車場で開かれた。
 鈴木重一実行委員長は「日本全体の業績が上がっても、地方はさらなるコストダウンが求められ、トリクルダウンが起きていない現状にある。今こそ生活に目を向け、うねりを起こしていかなくてはならない」とあいさつした。
 来賓の鈴木伸生市商工労政課長、玄葉光一郎代議士、宗方保県議、大倉雅志市議、大河内和彦市議が祝辞を述べた。
 メーンスローガンに「平和・人権を守り、あらゆる差別をなくそう!働く者のために働き方改革をすすめ、すべての仲間と結集しよう」を、「『ふくしま』で働く仲間の団結と連帯で『STOP THE 格差社会 暮らしの底上げ・底支え』と『働くことを軸とする安心社会』の実現を目指す」宣言を採択した。
 最後に団結ガンバロウを全員で唱和し、第2部は大抽選会などを催し、参加者の士気を高めた。