妊娠期から子育て期まで支援

窓口で妊婦に説明する職員

 須賀川市の子育て世代包括支援センター(愛称・すかがわ子育て応援「てくてく」)は、4月から市役所1階健康づくり課に窓口を設け、妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を提供する体制を整えている。
 子ども・子育てを取り巻く環境が大きく変化している中、市は平成27年に「須賀川市子ども・子育て支援事業計画」を策定し、基本理念「ともに育て支えあい 子どもが夢を描けるまち すかがわ」を基本理念に、延長保育や地域子育て支援拠点事業、一時預かり事業、乳幼児家庭全戸訪問事業など各種事業を展開してきた。
 すかがわ子育て応援「てくてく」は、これらの事業を活用しながら、保健師などの専門職や子育て支援担当者に気軽に相談ができ、包括的な情報提供が受けられる場として、妊娠期から子育て期まで切れ目ない支援を提供する。
 窓口では今年度からスタートした「子育てプランシート」の作成支援も行う。シートは母子健康手帳交付などのタイミングから、保健師や子育て支援担当課が一体となり、妊娠・出産・子育ての段階に応じた個別のプランを立てるもので、出産に向けて妊婦や家族ができること、出産後の市の支援などを記載し、安心できる子育てをサポートする。また必要に応じて病院などの関係機関との連絡調整も行う。
 そのほか妊娠中や出産後6カ月以内で、体調不良など家事や育児が困難で、同居の親族などから援助を受けることができない家庭を対象とした産前産後家庭支援ヘルパー派遣事業、産後の疲労回復や育児の不安・悩み解消を目的とした宿泊ケアと日帰りケアサービス利用経費を助成する産後ケア事業など、窓口などでの相談を受けながら、子育て世代が必要とする支援の提供に結びつけ、安心・安全に子育てできる環境づくりを目指す。
 問い合わせは市健康づくり課(℡88ー8123)まで。