19店独自の「かっぱ麺」提供始まる

自家製麺とミソが絶妙な金子屋「かっぱ麺」

 須賀川産のキュウリをふんだんに使った「須賀川かっぱ麺」の販売が牡丹園開園日に合わせて20日から再開し、市内19店で一斉に提供を始めた。
 今年で12年目を迎え、須賀川の新しいソウルフードに定着した「かっぱ麺」は、キュウリのしぼり汁のみで粉を練り込んだ鮮やかな緑の麺に、キュウリなどの具材を盛り付け、各店独自のだし汁に工夫を凝らした特製ミソを溶かしながら食べるもの。
 このうち中宿の蕎麦処金子屋の「かっぱ麺」(税込み850円)は、お店こだわりの自家製麺がモチモチの食感で、キュウリの香りとのど越しが食欲をそそる一品。野菜も全て地元須賀川産にこだわり、甘さとちょっぴりの辛みが絶妙な特製ミソが麺と具材をほどよくからめている。
 市外からもかっぱ麺を目当てに来店するお客さんも多く、食後にコーヒーもサービスする。
 かっぱ麺提供店は店入り口ののぼり旗などが目印となる。
 取扱店は次の通り。
▽昼・夜提供=Sushi&Grillあづま(馬町)すし観(今泉)蕎麦処金子屋(中宿)つれづれ庵(桜岡)ニュー芭蕉苑(堀底町)ラーメン一番影沼店(影沼町)▽昼のみ提供=蕎麦・うどん大黒亭(八幡町)▽夜のみ提供=居楽屋SYUZENあかし(馬町)須賀川kitchenあぐり(中町)スナック鶴(宮先町)炙り焼き丸高精肉店(舘取町)のみくい処福の家(中山)吟醸料理ゆめぜん(中町)▽要予約(単品取り扱い無し・コース内メニュー)=焼肉レストラン天山(岡東町)割烹萩の井(上北町)割烹万松(宮先町)グランシア須賀川(池上町)ホテルサンルート須賀川(加治町)ホテル虎屋(宮先町)