JA夢みなみ園芸振興大会

園芸振興大会で表彰される綱藤さん

 JA夢みなみの平成30年度園芸振興大会は10日、しらかわ営農経済本店セレモニーホールで開かれ、関係者約240人が出席した。
 テーマは「量は力なり、品質は信頼なり、スケールメリットを発揮し選ばれる産地になろう!」。野菜・果樹・花き生産者代表と関係機関が一堂に会し、園芸作物の生産振興と相互関係を密にし、安定生産と安定供給体制の構築、農家所得向上を図る目的。
 橋本正和代表理事組合長があいさつしたあと、組織の発展や安定経営を実践し高い技術により生産振興に寄与するなど、県知事賞、感謝状、功労賞、優秀賞、優良賞などの受賞者に賞状と記念品が贈られた。
 来賓の桃井栄一県中農林事務所長、遠藤栄作鏡石町長、高橋廣志西郷村長らが祝辞を述べた。
 議事では園芸作物の生育状況及び産地の現状・課題、30年度事業方針及び販売計画、安全安心対策について協議した。
 また東京青果の野菜第4事業部の鈴木秀臣部長を迎え「青果物の動行と今後の展望について」と題した記念講演を聴いた。
 岩瀬管内の表彰者は次の通り。
▽福島県知事賞=綱藤好勝(天栄)▽感謝状=鈴木英輝(東部)後藤和市(仁井田)▽優秀賞=柏村進(長沼)佐藤晴義(西袋)森藤栄一(長沼)石井透公(天栄)柳沼和伊(東部)▽優良賞=佐藤克政(東部)橋本武勝(西袋)斉藤敏夫(仁井田)角田信道(稲田)服部久夫(大東)荒川孝一(長沼)添田孝夫(鏡石)渡辺久吉(岩瀬)瀬和元司(天栄)▽特別功労賞=石井真助(大東)