鯉のぼり修繕作業始まる

13日の本番に向けて修繕作業がスタート

 須賀川市は13日から須賀川アリーナそば釈迦堂川河川敷で約560匹の「鯉のぼり掲揚(川渡し)」を今年も行う。使用予定の鯉のぼり修繕作業は6日から市文化センターで始まった。
 5月15日までの34日間、釈迦堂川両岸に4列の掲揚ポールを設置して約560匹の鯉のぼりを掲揚する。
 春の青空を元気いっぱいに泳ぐ鯉のぼりが毎年多くの市民や観覧者から好評を集めており、期間中はウルトラファミリー大集合(21、22日)、すかがわ国際短編映画祭(5月12、13日)など市文化センターで開かれる。
 鯉のぼりの修繕作業は6日と10日から12日まで4日間行われ、口金やほつれなどをつくろい、今年も元気いっぱい泳いでほしいと願いが一枚一枚に込められている。
 また市内幼稚園や保育園・こども園の子どたちが描いたオリジナルの鯉のぼりも今月下旬から川渡しの仲間入りをする。