まちの駅で販売しませんか

 鏡石町観光協会は5月中旬オープン予定の「鏡石まちの駅かんかんてらす」で農産物や特産品、お土産品など販売を希望する農家・業者とレンタルボックス出品者を12日まで募集している。
 農家・業者の対象は、町内の農産物生産者で通年または一定期間継続して商品の納入が可能な人、または自ら製造加工した商品、またはお土産品がある町内の商工業者で、本人が育てた野菜や果樹などの青果物、保健所から食品営業許可を受けた加工品などを販売できる。
 レンタルボックス対象者は、町内在住の個人・団体で、本人が制作した雑貨、手工芸品など販売価格2000円以下のもの。
 どちらも登録手数料は1生産者につき1500円、販売手数料は売上代金の15~20%、決済は月に1回口座に振り込む。
 販売時間は午前9時から午後6時まで、各生産者が各自で持ち込んで陳列、入れ替え、回収する。価格は各自で設定する。
 申し込み・問い合わせは同協会(℡62ー2118)まで。