大黒池防災公園4日オープニングセレモニー

1日から利用開始となった大黒池防災公園

 須賀川市が本格的な防災機能を備えて整備した、初めての都市公園「大黒池防災公園」が1日から開放され、市民が春の日差しを受けながら散歩などを楽しんでいた。
 オープニングセレモニーは4日午前11時から開かれ、関係者のテープカットや須賀川一小児童の鼓笛パレードを披露する。
 大黒池防災公園の事業費は約3億4000万円で3月末完成した。広さは2・3㌶、あずまや(防災シェルター)と防災トイレ2基ずつ、備蓄倉庫1基、マンホールトイレやかまどベンチなども備える。
 大規模災害発生時には防災拠点としてヘリポート臨時離着陸場、300人受け入れ可の災害派遣部隊ベースキャンプ、市全体避難者の3日分を備蓄する救援物資ストックヤード・荷置きスペース、仮設住宅建設スペース(45戸程度建設可能)、ボランティア活動支援スペースを確保する。
 公園入り口は防災拠点として最大限に交通網を活用できるように、国道4号線と118号線の2カ所に連結する入り口があり、それぞれ50台前後の車両が停められる緊急車両駐車場も設ける。
 旧大黒池周辺は平成23年3月11日に発生した東日本大震災で、えん堤の役割を果たしていた市道の一部が崩壊し、隣接する須賀川一小屋外運動場の一部も大規模滑落するなど甚大な被害を受けた。
 市は防災機能強化のため大黒池埋め立てと雨水管路整備事業を平成25年から3カ年11億5000万円で実施し、跡地が国道4号線に隣接するなどの立地性を活かし、平常時は市民憩の公園として、災害時は物資等受け入れ拠点など市庁舎の防災機能の一部を移行し、第2の防災拠点としての役割を果たす広場を整備した。