須賀川二小で教職員離任式

児童に囲まれながら別れのあいさつを交わす久保校長

 教職員人事異動に伴う須賀川二小(久保直紀校長)の離任式は30日、同校体育館などで行われた。
 退職・転出職員の紹介が行われたあと、久保校長が「新しい校舎、プール、遊具、校庭も完成しました。皆さんも負けないように活躍してください。陰ながら応援しています」とあいさつし、転出教諭らも児童らにお別れの言葉やエールを送った。
 児童代表の5年生の高橋真惟さんが「一緒に過ごした時間はかけがえのない時間でした。これからも勇気と希望をもって頑張って行きます。ありがとうございました」と述べ、代表児童10人が「熱意と励ましありがとうございました。大きな道しるべとなってくれました。いつまでも尊敬しています」とそれぞれの先生にお別れの言葉を述べた。
 児童代表者らが退職、転出する教員ら10人に花束を贈り、全員で校歌斉唱し、卒業生を含めた全校生382人、保護者らが校舎昇降口からお見送りをし、児童から「先生ありがとう」と手紙や花束を贈り、教諭らは握手をして別れのあいさつを交わし、涙ぐむ児童の姿も見られた。