4月6日から春の全国交通安全運動

 子どもと高齢者を悲惨な交通事故から守るため、今年も4月6日から15日まで、春の全国交通安全運動が展開される。須賀川地区交通関係団体と須賀川署は5日午前11時から、イオンタウン須賀川駐車場で街頭啓発キャンペーンを行う。
 春の全国交通安全運動は「守ろう!交通ルール。広げよう思いやりの輪」をメーンテーマに、新入学時期に合わせてスローガンを「よくみせて ちいさなきみの おおきなて」として取り組む。
 運動の重点事項は、子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止、自転車の安全利用の推進、全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、飲酒運転の根絶を掲げる。
 街頭啓発キャンペーンは市交通対策協議会、須賀川署、交通関係3団体など関係者ら約150人が参加を予定している。
 市交通対策協議会長の橋本克也市長、霜山芳紀署長、草野美昭交通安全協会長があいさつし、イオンタウン須賀川とリオンドール須賀川東店に分かれて買い物客らに夜光反射材などを配り交通安全を呼びかける。
 キャンペーン会場には子どもたちにも大人気の白バイやパトカーも出動する。
 また4月10日は「交通事故死ゼロを目指す日」。思いやりの輪をみんなで広げて、交通事故をゼロにしようと、地元交通団体では街頭キャンペーンを予定している。