天栄村ふると公園候補地決定

委嘱状を受ける塩田JA夢みなみ天栄支店長

 道の駅「季の里天栄」近くに整備し観光や地域振興を目指す(仮)てんえいふるさと公園整備事業の検討委員会は27日に設置され、委員長に松崎淳一村商工会長を選任した。
 豊かな地域資源を活用した農業、商業、観光業の振興、地域住民と都市住民との交流を促進するための公園整備事業で、委員会は道の駅に関係する団体、商工、観光、農業団体と識者の計7人で構成し、整備計画の策定や整備に必要な事項を検討する。
 添田勝幸村長は委嘱状を手渡し「村は27年度に道の駅の機能拡充計画を策定、トイレ整備、地域食材を活かした6次化商品開発への整備などを進めてきた。公園は村民が一日中過ごせる、観光客にも利用しやすい本村ならではの施設にしたい」とあいさつした。
 検討委員会は役員選出、候補地の選定、基本計画などについて話した。
 候補地A・Bの中から道の駅「季の里天栄」に南西に隣接する農用地区域に決定した。面積は1・9㌶で概算工事費は2億9500万円。
 今後の見通しとして、平成30年度内に土地買収、翌年度以降に造成し、3年後に着工に移る考えである。
 役員と委員は次の通り。
▽委員長=松崎淳一▽副委員長=内山正勝▽委員=田代嘉宏、塩田正彦、久保勉、大野一宏、明石邦宏