13日から鯉のぼりの釈迦堂川川渡し

 須賀川市は今年も文化センター・須賀川アリーナそばの釈迦堂川上空に4列約560匹の鯉のぼりを掲揚する。こどもの日とサクラ並木の見ごろに合わせて、4月13日から5月15日の34日間を予定している。
 こどもの日を中心に市民たちから寄付された鯉のぼりを川渡しし、郷土愛の醸成と青少年の健全育成、伝統文化の継承を図る目的に実施する。
 4月中旬は満開のサクラ並木との共演、春の大型連休の時期にはさわやかな春風に舞う姿が毎年人気で、市内をはじめ多くの観光客やカメラ愛好者らでふれあいロードがにぎわっている。
 鯉のぼりの川渡しは昭和62年度からスタートし今回で32回目。今年も市内幼稚園児らが元気いっぱいに絵付けした鯉のぼりも4月下旬ごろに約560匹の仲間入りをする。
 また期間中の5月12、13の両日は、市文化センターで第30回すかがわ国際短編映画祭が開かれる。掲揚する鯉のぼりの修繕作業は4月6日から12日まで同センターで行う。
 なお市は釈迦堂川川渡しで掲揚する鯉のぼりの寄付を受け付けている。耐久性のあるポリエステルなど化学繊維製のものに限る。問い合わせは市生涯学習スポーツ課(℡88―9173)まで。