稲田学園の引っ越し作業

協力して校舎内に荷物を運ぶ子どもたち

 4月6日に開校する施設一体型小中一貫モデル校稲田小・中学校(総称・稲田学園)の引っ越し作業は24日に行われた。
 児童や生徒、保護者、教諭らが教室や職員室、美術室、図書室などの机やイス、棚、書籍などが運び込んだ
 子どもたちはケガをしないように注意しながら声を掛け合って作業に取り組んだ。改修工事を終えたばかりの校舎の教室に荷物を運ぶと、新年度からの学校生活への夢と期待を膨らませ、笑顔がこぼれていた。