小中学校教職員異動は233件

 須賀川市教委は23日、市内小中学校の人事異動を発表した。異動総件数は233件(退職者24人、転入者110人、転出者99人)で、前年度より19件、約9%増となった。新採用教諭は小学校4人、中学校2人、新採用養護教諭は小学校1人、中学校1人、再任用教諭は小学校6人、中学校3人。26小中学校のうち2校の校長が定年退職する。
 各学校の組織上の課題を踏まえて校長の希望に可能な限り応えられる人的配置をし、須賀川二中で震災避難生徒支援のため教頭を2人体制にし、新たな職として主幹教諭を設置し小中学校1人ずつ配置した。
 須賀川市からの校長昇任は3人。須賀川三小の水沼栄寿教頭が久之浜第一小(いわき市)、川﨑勝久長沼小教頭が白江小、善方威浩白方小教頭が勿来二小(いわき市)に就く。
 退職する須賀川二小校長には正木義輝市教委学校教育課長兼教育研修センター所長、稲田小は八木沼孝男稲田中校長が兼務する。後任の学校教育課長は菅野哲哉学校教育課主任指導主事が就く。
 校長の異動は小学校4校。他地区からの昇任者は小学校1校。
 校長転任は西袋二小に本多惇嗣薫小教頭、小塩江小に佐藤和記新殿小校長、田島小に高橋弘之西袋二小校長、石神二小に木村恵子小塩江小校長、佐倉小に瀨川和弘白江小校長。
 教頭昇任は10人。横田修須賀川一小教諭が郡山自然の家社会教育主事(教頭相当職)、小松顕治仁井田小教諭が須釜小(玉川村)、橋本学柏城教諭が広戸小、渡邊善彦長沼小教諭が要田小(田村市)、松本裕治須賀川一中教諭が岩瀬中、井上謙一大東中教諭が仁井田中、赤津功長沼中教諭が滝根中(田村市)、根本雄一生涯学習スポーツ課社会教育主事が大森小、齋藤孝之生涯学習スポーツ課付指導主事が長沼東小、浦山裕子生涯学習スポーツ課付指導主事が飯豊小(小野町)。
 教頭の異動は小学校7校、中学校5校。
 市教委事務局の異動は、山本浩学校教育課管理主事が小泉小校長(郡山市)、吉田全生涯学習スポーツ課付指導主事が須賀川二中主幹教諭に、後任の学校教育課管理主事に松山祐介宮小校長(いわき市)、主任指導主事に渡辺和也川部小校長(同)、社会教育主事に小島聖子芳山小教諭(郡山市)、指導主事に豊田多香子赤木小教諭(同)、猪俣英樹五箇小教諭(白河市)齋藤隆之大森小教諭が就く。