「無事帰る」願いマスコットを仕分け

手作りのカエルマスコットを仕分けする会員たち

 須賀川市交通安全母の会(斎藤知子会長)は22日、新入学児童が元気に登下校できるよう「無事帰る」の願いを込めた手作りの交通安全マスコット人形の学校ごと振り分け作業を市民温泉大会議室で行った。
 昨年9月から母の会36分会の会員が手分けして約1000個のかわいらしいフェルト製のカエルマスコットを手作りした。
 1月の交通安全祈願祭で無事故の願いが神職から込められたもので、市内16小学校に入学する新1年生に4月6日の入学式でプレゼントする。
 また須賀川市のマスコット「ボータン」をデザインしたランドセルカバーを新年度も贈る。