21日から「すいすい」営業を再開

 鏡石町民プール「すいすい」は昨年12月中旬から老朽化したろ過設備などの大規模改修工事のため休館していたが、21日午前10時から再開する。オープンを記念して先着100人に粗品をプレゼントするほか、無料レッスンなどを企画している。
 午前10時半から11時半まで、25㍍プールでワンポイント無料レッスン、午後2時からは幼児プールで水中宝探しを行う。
 ゴーグルやキャップ、アームヘルパー、耳栓、滑り防止ソックスなどの購入者はお菓子のつかみ取りに挑戦できる。
 営業時間や定休日、使用料金は変更なし、小学生200円、大人500円、中・高校生・65歳以上300円、幼児無料で、回数券・半年券・年間券も販売している。
 すいすいはバリアフリーに徹した通路、身障者用トイレ、更衣室やシャワー室をはじめ車椅子の人のための入水用スロープや点字誘導ブロック、手摺りなど安全面に配慮している。
 昨年4月から東京のアビックが指定管理者となり、新たに売店を設けたほか、子どもに人気のドリンク、スポーツドリンク専用の自動販売機、災害などによる停電時にも使用可能な自動販売機を追加した。休憩スペースにはディスプレイで利用日カレンダーや水泳教室などのイベント情報を提供している。
 問い合わせは「すいすい」(℡62ー1045)まで。